コレットは死ぬことにしたSP番外編のネタバレあらすじと感想~結婚式の裏話と幸せな今

コレットは死ぬことにしたSP番外編のネタバレあらすじと感想です。

コレットがまだ人間のコレットだったときのお話し。

ハデス様との結婚式の詳細と、今の2人の様子が綴られます。

また冥府の世界を覗けるなんて…。

そして女神となった今も見れて…幸せですっ!

コレットは死ぬことにしたSP番外編のネタバレあらすじ

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

どのサイトで読む?

ebookjapanを初めて使うと…
→半額クーポンが利用可能。

U-NEXTで初めて登録すると…
→無料登録でもらえる600pが利用可能!

どっちも利用したことのある方は…
お好きなサイトでどうぞ!

 

 

それからそれから…。

最終巻発売したよ~!

\  最終巻はこちら! /

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)
時期によっては既刊が無料で読めるよ! 要チェック!

 

 

 

ここからは

ネタバレするよ!

 

 

 

 

結婚式をしたい

 

この話しの時期は、コレットがまだ人間のコレットだったころ

そしてハデス様がまだ全快しきれてないころです。

 

 

結婚式をしたい

突然、ハデス様が提案されました。

 

 

なんとか裁判はこなせるようになったものの、肌には跡が残ったままです。

彼はその姿を誰にも見せないように、常にベールをかぶって過ごしてました。

 

それでも、その姿を皆に見せてでも結婚式をしたいというハデス様。

コレットを優先したい

 

 

コレットはそんな彼の意思を嬉しく思いつつ、同時にあることをひらめきます。

みんなでベールをかぶってしまおう

 

言いたいことは言わなくていい。

見られたくないものは見せなくていい。

コレットらしい気遣いです。

 

 

ついでに全員分のベールを作るとなるとハリーが張り切って喜びそう。

2人の意見は一致しました。

 

 

結婚式

 

結婚式をするとなると、冥府はみんな浮足立ちます。

コレットだってウキウキ。

 

たくさん食べてたくさん動いて。

ウエストが綺麗にくびれてるコレット。

ハリーの指示通り、いい感じに仕上がってるみたい。

ついに結婚式当日です。

 

 

ボワアアアアア

……。

みんなベールをかぶってます

ドレスコードにしたんで当然なんだけど、なんていうか…シュール?

この光景にコレットは大爆笑

 

そしてガイコツに叱られる花嫁(笑)

ハデス様も小さく笑ってたけど、ちゃっかりとぼけてやり過ごすのでした。

 

笑いあり、涙ありで進行していく式はとても雰囲気よく。

誓いの言葉もあったりするけど、総じて賑やかな。なんていうか…笑顔に包まれた賑やかな式となりました。

 

 

最後は閨で2人きり。

ベールを取り合った2人が向き合うのでした///

 

 

 

そして今

 

木陰でお昼寝中のコレット。

…でなくペルセポネ。

女神業を始めたばかりの彼女は、デメテルに作法を習ってるところなんだそうな。

ぱっつん前髪と、ゆるいウェーブのロングがふわふわでかわいいっ!

 

 

元来真面目でワーカーホリック気味だった彼女は、真摯に今の仕事に向き合ってます。

でも先輩神様であり夫のハデス様のお迎えで、今日のところはお家へ帰るみたい。

 

幸せに過ごす2人のその後が見れて嬉しい!!

そして続きも、ザ花で見られるそうな!!

嬉しいーーーっ

 

 

 

 

感想

 

最終回では悲しい~寂しい…切ない…。

からの大円団!

な目まぐるしい展開から一転。

 

今回は幸せに包まれた回でした~。

コレット達の結婚式は、ハデス様たってのお願いから始まってたんですね~。素敵ですハデス様っ

そして彼を気遣うコレットも。

 

賑やかな冥府の結婚式は安定の明るさがありました~。

私個人は一列に並んだベールに透けたガイコツの顔がツボです(笑)

 

 

それからそれから、

コレットの女神ペルセポネとしての生活が少し見えて…。

ハデス様と永遠を生きる道を選んでくれて本当に良かった~。

ずっとそばにいられる2人をみると心からホッとします。

彼女を迎えに来たハデス様の満ち足りた表情がなんとも言えませんっ

 

\  直接読むならこちらから! /

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

 

\  読み返しと最新刊はこちらから! /

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)