怪物事変51話のネタバレあらすじと感想~裏屋島

怪物事変51話のネタバレあらすじと感想です。

前回、紺は戦いの中、ないはずの平和な屋島へと足を踏み入れます。

今回は、ようやく夏羽と紺が再会!

太三郎VS花楓と赤城の戦いが幕をあけ、屋島の秘密も明らかになります。

怪物事変51話のネタバレあらすじ

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

ここからは

ネタバレするよ!

裏屋島

屋島へ向かう途中、穏神は「裏屋島」について話します。

 

屋島は表と裏があり、

人間たちは表側。

狸たちは裏側に住んでいます。

 

これは太三郎の力なので、彼が表側にでてしまえば、

裏屋島はなくなってしまうというものでした。

 

穏神の予想では…

太三郎は自分と赤城たちだけを裏屋島残し、1人で戦う気だ。

 

 

赤城と花楓をよく知る野火丸にはわかります。

ふたりがかりでも太三郎は倒せない。

さらに、ふたりが共闘すれば屋島どころか四国が火の海になってしまう…

 

すでに屋島では、

赤城と花楓は合体し、巨大な狐となっていました。

 

赤城の幻術

花楓の炎

合わせ技で太三郎に襲い掛かります。

一方の太三郎も巨大な波の攻撃で迎え撃ちます。

 

紺と夏羽の再会

表屋島に集まった紺たちは、太三郎が命をかけて屋島狸を守る覚悟なのを知ります。

 

悔しそうにそれを伝える全吉は、

血がにじむほど拳を握りしめていました…。

 

全吉の悲痛な気持ちを感じ取った紺。

狸たちと一緒に戦うと誓います。

呆れる全吉に、助けてくれた恩があるからと、まっすぐ答えるのでした。

 

すると空からなにかが降ってきて…

 

それは瓢箪からでてきた夏羽、織、晶でした。

 

紺は空を見上げると夏羽をいち早く見つけます。

落ちてくるのを待ってられないとばかりに高くジャンプして、

 

上空で夏羽をキャッチ!

 

地上に落ちていく間、ふたりは手をつないで再会を喜びます。

会えなかった間の出来事を楽しそうに伝える紺。

 

夏羽も屋島を助けるためにここに来たというと、

自分と一緒だと、紺は嬉しそうに笑います。

夏羽に全力ジャンプ!

紺ちゃんが可愛い…っ!

 

地上におりた夏羽は、穏神たちとともに屋島に加勢することに。

瓢箪の修行でパワーアップした夏羽たち。

久しぶりのバトルが始まります!

 

 

感想

屋島には表と裏があったとは…

紺がいきなり平和な屋島(表屋島)に来たと思ったのは、太三郎の采配だったんですね。

 

それにしても紺と夏羽の再会にはウルっときてしまいます…。

楽しかったことも悔しくてつらいことも、笑顔で夏羽に話す紺を見てると、応援したくなっちゃいます!

 

そして赤城と花楓の共闘も楽しみです。

ふたりが合体した姿で「ぼくたちは神になる」って言ったとき、なにかただならぬ理由があるのではと思ってしまいました。