地縛少年花子くん78話のネタバレあらすじと感想~赤い家3つかさの願いと対価

地縛少年花子くん78話のネタバレあらすじと感想です。

お前の願いはなんだ!

光に詰め寄られたちびっこ…もとい司君。

その問いから彼の回想が始まります。

場面は2人が生きてた頃になるのでした。

地縛少年花子くん78話のネタバレあらすじ

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

ここからは

ネタバレするよ!

 

 

つかさの願い

 

お前の願いはなんだ!

切れ気味に詰め寄る光に対し、惜しみなく語り始める司(つかさ)。

場面は彼が小さい頃に変わります。

 

 

ーーーーーーー

花がたくさん植わった家。

その庭に司がいました。

 

花を粗雑に抜き、他にもダンゴムシ、車のおもちゃ、猫。

普(あまね)の好きなものを集めて、嬉しそうに家へと駆けこみます。

 

普の部屋に着くと、母親と医者が何やら深刻な話をしています。

 

安静に過ごしても、もってあとひと月。

 

医者に診察されてる普は涙目で顔面蒼白。呼吸音もヒューヒューいってて本当に辛そうです…。

 

空気を読んで部屋へ入らなかった司ですが、大人の話は聞いていました。

そのまま黙ってその場を去ります。

 

誕生日のお祝い

時は経って11月25日。

2人の誕生日です。

 

お父さんは当時まだそれほど普及してないカメラで記念写真を撮ります。

フラッシュが眩しくて同時に目をつぶってしまう2人が可愛いっ。

 

プレゼントにケーキ。

それからドーナツ。

優しい両親にテーブルいっぱいに並んだ豪華な食事。

 

家族団らんの楽しい時間が流れて、気が付くとお母さんの目から涙が。

少し前まで普が余命宣告を受けていて…涙ぐむのもわかります。

 

医者も奇跡の回復という普の復調。

 

もうまったく苦しくなさそうです。

普は今までできなかったことをたくさんするんだとウキウキしています。

その隣で1人、だまってドーナツを食べ続ける司…。

 

あまねー!

ゴッ…ズダーン。

ひとしきり食べ終えたら、突然普に頭突きするように抱き付き2人で椅子から落下!

司はそのまま普にすりすり。

 

そうしながら、自分のことを好きかと訊ね…。あたりまえだと答えてもらってパッと笑顔になるのでした。

 

願いの代償

お誕生日はまだ終わっていません。

 

食事中暴れない。

お父さんにたしなめられながら席に着こうとすると、突然ドアが少し開いて…

 

つーかさくん…

と声がします。

 

その声は司にしか聞こえてないみたい。

みんなにトイレに行くと伝えてその声をたどる司。

 

キイ…。

彼が進む先のドアは次々と、不自然に開いていきます。

 

最後のドアは自分で開けました。

おもちゃがたくさん並ぶ部屋にぽっかりと真っ黒い穴が開いています。

そしてそこから声が聞こえます。

 

つーかさくん。

黒い吹き出しが不気味…。

 

その不気味な声は、お願いを叶えたから対価が欲しいんだとか。

対価を代償とも言い換えてるところが怖すぎます…。

 

不気味な声に対して、笑顔でいいよーと答え、穴へ躊躇なく足を突っ込む司。

 

 

つかさー。

普が探しに来ました。

彼が司を探し当てる前に、そのまま姿を消してしまった司。

 

願いの顛末

現実に戻ってきて、司の前には光がいます。

光は<?>とハテナを飛ばしてるので、これまでの内容は彼に語られておらず、ただ司の回想だったのかもしれません。

 

ただ司は笑顔で、願い事をかなえてもらったからずーっとここから出られないんだと話すのでした。

 

 

感想

小さい頃の司と普のお話でした。

普の病気は本当に辛そうで、チアノーゼっていうのかな?息がうまくできなかったのか爪の色とか黒くて、顔色もどう見ても悪くて…。

もってあとひと月なんて医者から言われてて。

 

冒頭で司が普にもっていこうとした花がコスモスなんですが、夏咲か秋咲か…。

もし夏咲のコスモスなら、11月の誕生日を迎えられるなんてお母さんからしたら信じられない奇跡だったでしょうね。涙するのも納得です。

 

普の不自然なまでの復調。

これが司の願いだったんですね。

そしてその対価として、赤い家からずっと出られなくなってしまった…。

俺の願いはもうかなえちゃった。

そう話す司の笑顔が切ないお話でした。