はやくしたいふたり19話のネタバレあらすじと感想~現実の「おはよう」

はやくしたいふたり19話のネタバレあらすじと感想です。

 

慶一郎が住む屋敷でのメイド試験に繰り上げ合格を果たしたユーリ。

夢見るのは慶一郎との薔薇色の夏休み…。

今回はユーリがまたしても現実を知るのでした。

はやくしたいふたり19話のネタバレあらすじ

その前に!

ちょっとだけ、個人的評価です。

笑える      ♥♥♥♥♡
キュン度     ♥♥♥♥♡ 
甘い度      ♥♥♥♡♡ 
前半はかなりハラハラ。
ユーリの理想からあまりに離れすぎた現実と、業務中のユーリの態度にも(笑)
だけどお約束の逆転劇に爽快感を味わえます。

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

ここからは

ネタバレするよ!

薔薇色の夏休み

舞台は葛城家第2邸。

慶一郎んちです。

 

自己紹介をしているメイドさん。

ユーリです。

草むしりが得意なことをめっちゃアピール。

できないことも可能であると思わせる前向きな強引さがある自己紹介です(笑)

 

ユーリの頭の中では、これから起こるであろう慶一郎とのめくるめく薔薇色の夏休みが展開されます。

寝起き

歯磨き

洗顔

モーニングティー

全てのシーンで慶一郎の無防備な姿が…っ!

……ヒューヒューヒュー!///

謎の盛り上がりを見せていますww(※脳内)

 

 

おはよう

そこに慶一郎登場。

メイド、SPが一斉に頭を下げます。

ビシッとしたスーツ姿で、玄関まで一直線に歩きながら、

今日の予定

食事の必要

帰宅時間

必要なことだけメイドとSPに次々告げ、そのまま出て行ってしまいました。

ちなみにユーリに対しては…

素通りです

 

 

後に残されたユーリは

メイド長に裏庭の草むしりを頼まれるのでした。

 

草むらの妖精…?

マジで

「おはよう」しか言われてない…。

 

夏休みの8月。

草をむしりながら吠えるユーリから流れるのは汗か涙か…。

大半は涙っぽい。

 

勤務中だけど我慢ならんユーリは思わずLINEをチェック。

たしかに昨日、慶一郎から

楽しみだって入ってます。

 

楽しみだった様子が見られん!!!

ご褒美くれよ!!

思わずLINEに連投するユーリ。

 

興奮気味に触ってたからか手が滑ってスマホが落ちます。場所が悪く垣根っぽい植木の中に入ってしまいました。

 

拾おうと植木の中へ手を伸ばすと…スマホとは違う感触が…。

なんとそれは、

じいさんの頭でした。

 

じいさんからのアドバイス

じいさんの登場シーンは「泉の妖精」がモチーフみたい。

色違いのスマホを両手に持って

金のスマホ

銀のスマホ

どっちを落としたかを聞いてきます。

なんともインパクトのあるシーン…。

 

ユーリが気になるのは、じいさんの腕章。

なにやら

責任者とあるのだが。

 

……まずい。

いくら腹が立ってたとはいえ、業務中にスマホいじり。

『まさか…初日からクビっ?!』

ビビるユーリに、

じいさんはコイバナ聞かせて!と笑顔でお願いするのでした(笑)

 

このじいさんのノリがユーリと違和感なくてかわいいっ。

結局草むしりしながらずっと、ユーリはコイバナ…というより愚痴を聞いてもらいます。

 

最後はサビ残までして話し込むユーリ。

じいさんにアドバイスを求めます。

 

その言葉にユーリはドキリ。

忙しい彼氏の時間を取ること。

これに何も思わないかと聞かれると…。

 

さらに、

彼の方でも期待させちゃだめ

(文字に起こすとこの謎のじいさん口調がオネエっぽい(笑))

 

その言葉にハッとします。

慶一郎はたしかに楽しみだとLINEしてくれてました

 

粋なサプライズ

そのとき、慶一郎から着信が。

 

採用おめでとう。

その言葉とともに大きな花火が打ちあがりました。……じいさんがジャンプしてるんだけど驚いたの?それともはしゃいでる?(笑)

 

今日は花火大会か。

なんて慶一郎は口にするけどそれにしてはタイミングが合いすぎです。

偶然を装いながら、花火は好きかと聞く慶一郎。

ユーリは涙とともに元気よく答えるのでした。

 

こんな時間に花火があがる予定はなかった!

驚いてるじいさん。

彼は、どうやら慶一郎をよく知る人物のようです。

 

 

 

感想

【号外!】

ユーリ。

またしても清々しく夢破れました!

 

前回の最終ページにあった「おはよう」のイラストと、実際のおはようシーンに落差ありすぎです。最高。

『ご褒美をくれ!』とLINEにしがみつくユーリには、さすがにそうだよねぇ!と同情…。

苦労して試験にパスしたんですもの。

 

それにしても

インパクトのある登場でしたね。

「責任者」のじいさん

茂みの妖精(笑)

あのじいさん、慶一郎のじいさんとか?

アドバイスがやたら生々しいし

しみじみ彼の人柄を再評価するあたり…血縁者とみた。