ゆびさきと恋々19話のネタバレあらすじと感想~会いたい夜

ゆびさきと恋々19話のネタバレあらすじと感想です。

前回まで逸臣によって桜志くんの人となりが丸裸にされ楽しい話運びでした。

これを機に雪への接し方が変わっていきそうな桜志くんですがー。

一方で、バイトが始まり忙しくなった雪は短い逢瀬を堪能するのでした。

 

ゆびさきと恋々19話のネタバレあらすじ

 

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

どのサイトで読む?

ebookjapanを初めて使うと…
→半額クーポンが利用可能。

U-NEXTで初めて登録すると…
→無料登録でもらえる600pが利用可能!

どっちも利用したことのある方は…
お好きなサイトでどうぞ!

 

ここからは

ネタバレするよ!

 

素直になる桜志くん

帰り道。

いつもと違う桜志くんの様子を雪は感じ取っていました。

 

別れ際になって

これから素直になる

なんて話始める桜志くんですが、当然ながら雪にはその真意は伝わっていません。

 

だけど、どこか悩んでるように見える彼を気遣う雪は、彼女なりに応援します。

最後に 了解 って手話をして別れるんだけど、このシーンの桜志くんかっこいい!(真顔)

この作品で、手話をするメンズがかっこよく見えて仕方がないです!!!!!

 

彼の背中を見送りながら、心配な気持ちを拭えずいる雪のもとにバイト先から連絡が!

日程のお知らせです。

 

 

バイト初日

 

かわいいカフェでのバイト。

雪はメモを取りながら、できることを懸命に取り組みます。

 

食器もピカピカに磨き上げる真面目な仕事ぶりに、まどかちゃんのおばさんも嬉しそう。

バイトが終わると気づけば19時回ってました。

 

疲れた…

でも、無性に逸臣さんに会いたい!

スマホを見ると<バイト行ってくる>のメッセージが。

彼もバイトみたい。

しかも週末だと終わるのが0時ころなんだそうな…。

バイト

ゼミ

サークル…

逸臣の忙しさを考え、おとなしく帰…ろうとした雪でしたが、彼の店の外からちょっとだけ顔だけでも覗いて帰ることにします。

そして、本当に遠くからチラッとみて帰宅してきた雪。

 

心とエマ

 

そのころ。

夜の海辺で若い男女が…。

心とエマです。

エマは黒髪ロングの落ち着いた可愛さをもつ女性で、心はどこか深刻そうな表情です。

 

そんな心がエマにすごく重要そうに伝えます。

逸臣に彼女ができた。

 

 

言葉少なに返事する彼女に、心くんが続けます。

俺がいる。

俺にしとけば。

 

冗談で言ってるんだろうと、エマがツッコむと思いのほか心の本気が見えて。

大きな声で動揺するエマさんでした。

 

 

会いたい夜

10時回って、

そろそろ寝支度ができた雪が布団にもぐりこんだ頃。

 

逸臣から連絡が来ました。

 

外。

 

 

 

 

???

とりあえずカーテンから外を見ると、逸臣が立ってます。

 

手話で会話する2人。

だけど夜だし、雪は逆光になるしでちょっとづつ伝わりにくくてもどかしい

 

とりあえず、下に降りるとジェスチャーする雪に、もう帰ると答える逸臣。

他にも伝えてくれてるけど、雪からよく見えません。

もどかしいまま、逸臣が背中を向けて歩き出してしまいました。

 

 

急いで下に降りて、彼を追いかける雪。

雪の足音に気づいて、不意に立ち止まった逸臣にぶつかりそうになり受け止めてもらうことに///

 

何日かぶりに会えた2人。

薄着な雪に上着を着せてそのまま包み込む逸臣。

幸せな時間です。

ギュッとされながら話す逸臣の振動に、雪は満たされるのを感じます。

 

 

彼の店の前を通ったことに気づいてた逸臣。

雪は顔を見たかったと素直に伝えます。

すると

 

見れば?

と顔をぐいぐい近づける逸臣。

悪戯っぽい顔がまた素敵です!

 

 

ふと

雪に話したいことがある。

悪い話じゃないんだけど、という逸臣ですが、今言わない話は気になるものです。

だけど決まってから言いたい。という逸臣。

 

そして節約と貯金を頑張るという雪に、時間もお金も切り詰めなくていい。

少しの時間でも、デートしようと提案する逸臣は、悪巧みをするような顔で雪にどこ行きたいかを聞いてきます。

 

この悪い顔が最高に素敵ですっ!///

 

 

 

感想

あらすじ書いてる途中からたまらずお伝えしてしまったけれども、この漫画で手話する男子を好きになりそうだっ!!!!

もーやだ。

かっこいい。

桜志くんですらかっこいいもん!(なんかごめん桜志くん。)

 

だけどやっぱり、逸臣さんにはどうしても負けちゃう。

素敵すぎます逸臣さん。

追いかけてきた雪の足音に気づいて、不意に振り返るとことか

上着被せるついでに抱き留めるとか

わるーい顔とか。

全部ときめけてしまう///

今回も最高でした。