わたしの幸せな結婚8話のネタバレあらすじと感想~ゆり江と町へ

わたしの幸せな結婚8話のネタバレ感想です。

前回は美夜の過去を知ったり

異能の気配があったりと、清霞の気持ちが忙しいお話でした。

今回は美夜が行動する番。

好きな人へ贈り物を選ぶ、幸せな時間を味わえる回です!

わたしの幸せな結婚8話のネタバレあらすじと感想

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

ここからは

ネタバレするよ!

美世の気持ち

場所は久堂家。

美世がゆり江に相談しています。

清霞に何か贈り物をしたい

 

彼への感謝の気持ちは言葉だけではなく、形で表したいとずっと考えていたのでした。

ゆり江はその提案に大賛成!

一緒に買い物に行こうと提案するのでした。読者から見てもいじらしくかわいい美夜。ゆり江も一緒も楽しそうです。

 

清霞の気持ち

帰宅した清霞に

ゆり江と買い物に行きたい

と伝える美夜。

 

自分とでなくて?

と尋ねる清霞に

ゆり江と二人で行きたい

と珍しく主張する美世。

サプライズだからね…。

 

承諾した清霞はお守りを渡します。

絶対に肌身離さず持つように

念を押す清霞。

 

実は清霞、例の異能の気配があるため、美世の外出を心配していました。

しかし全くそのことを知らない美世は、心配してくれる清霞の気持ちを嬉しく思うのでした。

 

素敵な時間

翌日、町の雑貨店に向かった美世とゆり江。

ゆり江に借りた本から組紐を作ろうと決めていた美世は、沢山の紐の量に圧倒されます。

清霞のことを思い浮かべながら、似合う色味を考え、悩む美世。

誰かの為に何かをしたい…。

今まで一度も思ったことのない感情に気づき、

そしてそれが、

とても心地がいいことだと知るのでした。

美世がすごく幸せそうな顔してます。かわいいし見てるこっちも幸せな気分です。

 

恐怖再び

悩むに悩んで清霞に似合う紐を選んだ美世は、ゆり江と雑貨店を後にします。

 

と、買い忘れを思い出したゆり江。

さっと買ってくるから待っててね。

って感じで、人混みへと消えていきました。

 

何か取り残されたような

急に心細さが募る美世。

その時、

美代は聞き覚えのある声に呼びかけられました。

それは間違うはずもない

義理の妹、香耶。

 

昔と同じような不気味な笑みを浮かべ、近づいてくる香耶。

一瞬にして血の気が引いていく美世なのでした。

一瞬にして昔の顔!!

 

 

感想

あぁーー!!

思わず声が出ちゃいましたよっ

もぅ…なんでゆり江…一人で塩買いにいったの…?てか塩て。…いいんだけど。

とばっちり的ですが、ゆり江に腹立ってきました。ゆり江は悪くないんだけど。

でもでも

せっかく素敵な時間を過ごしていたのに…。

ダメよ一人にさせちゃあ…。

にっくき香耶何を言われるのか…美世はどう対応するのか…

次回読むのが不安ですが、良い展開に期待しましょう!というか良い展開でお願い!