Thisコミュニケーション第13話ネタバレあらすじと感想~過去の過ち

Thisコミュニケーション第13話のネタバレあらすじと感想です。

前回、死んだかと思われたデルウハが奇跡の生還。

彼の怒りを買った神父は命を落とすことに…。

そして、人型をした新たなイペリットが出現。

頭部を咥えられたままのいつかを救出することはできるのか…?

Thisコミュニケーション第13話のネタバレあらすじ

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

どのサイトで読む?

U-NEXTで初めて登録すると…
→無料登録でもらえる600pが利用可能!

ebookjapanを初めて使うと…
→半額クーポンが利用可能。

どっちも利用したことのある方は…
お好きなサイトでどうぞ!

ここからは

ネタバレするよ!

消えた人型イペリット

復活したデルウハが砲弾を撃ち込むも、

人型イペリットは動きを止めません。

 

 

するといつかの両腕が持ち上がり…

 

 

力ずくで

イペリットを引きちぎりました。

 

心配してたけど、あっというまに生還~

 

 

無線でその報告を聞いたデルウハは、

イペリットの死体を見張るよう指示をしますが…

 

 

現場に到着すると…

死体はどこにもありません。

 

 

目を離したすきに逃げられてしまったのです。

 

怒りまくるデルウハに

ハントレスたちが特徴を説明します。

 

 

UNA(世界連合軍)の軍服を着た

黒髪、黒目の女性が

口から出てきて、反撃してきた。

 

そこまで説明すると

デルウハは顔色を変えます。

 

 

実は10年ほど前、

似たようなイペリットが見つかっていたのです。

 

 

取り込んだ人間に擬態し、
思考力を持つイペリット。

 

それは人間ような言動をするだけでなく、
イペリットの死体を取り込み

巨大化することもできました。

 

それを聞いたハントレスたちは

顔をこわばらせます。

 

 

なぜなら…

 

 

この研究所の周りには
たくさんのイペリットの
死体が埋まっている
からです。

 

 

このまま放置したら

もっと巨大なイペリットに成長してしまう…。

 

砦はすぐそこでしたが

逃げるわけにはいきませんでした。

 

しかも軍人ってことは、

戦闘力の高いイペリットになるよね

 

 

人型イペリットの正体

いちかばちか、

デルウハは

姿の見えないイペリットに向かって話しかけます。

 

 

すると地面が盛り上がり…

いつかを襲った黒髪の女性が現れます。

 

 

彼女はオスカー。

デルウハとUNAの同期であり

デルウハに殺された人物でした。

 

片目だけが黒いのは、
デルウハに銃弾を撃ち込まれた跡だったのです。

 

 

死の間際にイペリットに喰われた彼女は、

意識を持ったままイペリットと同化し、

人間を捕食するようになってしまいました。

 

まさかデルウハの知り合いだったなんて

 

 

当然、オスカーから集中攻撃を受けるデルウハ。

 

しかし駆け付けたよみにピンチを救われます。

 

 

6人そろったハントレスとデルウハ、

7人全員ではじめての総力戦が始まります。

 

 

感想

デルウハは善人なのか悪人なのか、ますますわかりません。
食料不足を補うためにためらいもなくオスカーを殺すなんて…。

逆に、とことん食欲中心で考えている、わかりやすい人間なのかもしれませんね。

あらたな人型イペリットですが、オスカーの意識もあるし、
本当に殺してしまうのでしょうか…。

毎回先が読めないThisコミュニケーション、次回も楽しみです。