ネタバレあらすじ

なまいきざかり121話のネタバレあらすじと感想〜年越しとふたり

なまいきざかり121話のネタバレあらすじと感想をお届けします。

クリスマスプレゼントを買いにきた由希と成瀬。

偶然バイト中の春原さんと遭遇し、成瀬と春原さんが過去に付き合ってた事実を知ります。

複雑な気持ちの由希ですが、成瀬はいつも通りセンパイ大好きモード。

一方、春原さんは…?

なまいきざかり。121話のネタバレあらすじ

ここからはネタバレするよ!

 

それぞれのクリスマス後

春原さんは、小学生の頃気になっていた男の子から”貧乏”をいじられた苦い思い出が夢に出てきて目が覚めます。

家には一人ぼっちで、仕事から帰っていない母へ作った料理がそのまま。

切なすぎる…。

 

大学では、袴田くんが友人に絡まれてクリボッチ報告会をしようと誘われます。

しかし、クリスマスは先輩に騙されて合コンに参加したのでした。女の人苦手なのに!

 

練習へ向かう途中、高いところをごそごそしている由希を見つけた袴田くん。

助けられた由希の様子がいつもと違うことを袴田くんに見破られるのでした。

片思い歴が長いだけあるね

 

今を大事にしよう

成瀬の過去を気にしてもしょうがないと思いつつ、いつまでも思い悩んでしまう由希。

 

宇佐見さんはそんな由希の心も知らず、年越しの計画を立てます。

4人で神社にお参りして年を越そうと提案する宇佐見さんに、由希は『成瀬が諏訪さんに苦手意識があるから断られるかも』と内心考えます。

 

がしかし、成瀬は乗り気。

由希は拍子抜けしてしまいます。

 

少しだけ大人になった成瀬を見直した由希は、キスされながら今を大事にしようと感じるのでした。

 

初詣

宇佐見さんカップルと合流した由希たちは、人混みに圧倒されながら屋台を回ることに。

そこで手相占いを発見!

 

占い師に手相占いをしてもらう由希は、思い当たる不吉なことをズバズバと予言され顔色が真っ青になります。

ふと諏訪さんと2人になったタイミングで、宇佐見さんが成瀬と由希の関係を心配して誘ってくれたのだと聞かされるのでした。

 

泣いてる姿

成瀬はトイレの帰りに春原さんの後ろ姿を見かけますが、声をかけずにスルーしようとします。

そこへ、ナンパ目的の男性たちが近づいたのを放っておけず助ける成瀬。いい奴。

 

春原さんは、お母さんと小学生ぶりに初詣へ行くことを楽しみにしていたのにも関わらず、アフターで別のお客さんと来ていたお母さんの姿を見てショックを受けます。待ち合わせてたのに…。

 

強がって笑顔を見せる春原さん。

そんな春原さんの笑顔を痛々しいと指摘する成瀬。

成瀬らしいんだけども

謝りながら泣き出した春原さんは、成瀬に頭を預けてこのままでいて”とお願いします。

 

成瀬は…春原さんの泣き姿が、由希のフラッシュバックと重なり肩を抱いてしまうのでした。

遠くから、トイレに向かっていた宇佐見さんが2人の現場を目撃…!

宇佐見さんは見た。

 

感想

春原さんが悪い子じゃないから、成瀬に近づかないでとも言えないし切ないです。

家庭のことで苦労している女の子は一生懸命で、他人に頼ることをしないという性格は王道ですね。

別れてから初めて頼られた成瀬は、泣いた姿が由希に重なって肩を抱いちゃうし…。

この言い訳って通じる?

穏便に終わってくれ~!

-ネタバレあらすじ
-, ,

© 2021 ドロップ Powered by AFFINGER5