不器用な先輩24話のネタバレあらすじと感想~もっと頼ってほしい

不器用な先輩24話のネタバレあらすじと感想です。

亀川の目論見とは少しずれていったハロウィンパーティー。

じっとしてられない鉄輪は周りの人を手伝いに行き、同僚をかばって流れた荷物にぶつかりました。

ちょっと強引に亀川が処置をします。

不器用な先輩24話のネタバレあらすじ

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

どのサイトで読む?

U-NEXTで初めて登録すると…
→無料登録でもらえる600pが利用可能!

ebookjapanを初めて使うと…
→半額クーポンが利用可能。

どっちも利用したことのある方は…
お好きなサイトでどうぞ!

ここからは

ネタバレするよ!

 

 

ぎこちない2人

 

少し擦った腕に絆創膏を貼ってもらう鉄輪。

いつもはよくしゃべる亀川がずっと無言です。

 

……。

気まづい…。

 

 

あ、ありがとう。

処置も終わりち去ろうとする鉄輪に話始める亀川。

 

自分のことを大切にしてほしい。

 

 

 

独りじゃない

 

いつでも頑張りすぎる鉄輪に、もっと頼ってほしいと話します。

なんならちょっと断られがちな鉄輪の周囲への【手伝い】も、相手が不要だと言えば本当に必要ありません。

しつこいのも良くないなどと諭します。

 

 

しばらく亀川のお説教が続きましたが、鉄輪も自分の意見があります。

 

なんでも一人でやる必要があるかと聞かれた彼女は言い返します。

 

ずっと一人だったから。

1人で生きなきゃいけない。

 

そんな言葉にぽかん顔な亀川。

 

 

しばらくして、鉄輪の両手を自分の手のひらで包み込み…

1人で頑張るのも悪くないけど、今は1人じゃない

 

 

だからもっと頼ってほしい。

そう言われた鉄輪の顔、可愛い…。

 

 

……。

亀川、自分が鉄輪の手を握ってたことに気づき急いで離れます。

そして謝るんだけど、

 

鉄輪に手をつかまれ、今度は彼女に自分の手が包まれるのでした。

 

 

 

 

感想

 

少しずつ、鉄輪の気持ちがほぐれていってて可愛い…。

 

ずっと抱えてる冷たい気持ちって、口から吐き出すだけでなんだか気持ちがほぐれます。

相手が気の許す相手であればなおさら。

手を握りぎ合う2人。

この次が楽しみです。

\  直接読むならこちら! /