青のミブロの15話ネタバレあらすじと感想~それぞれの正義

青のミブロの15話ネタバレあらすじと感想です。

会津藩士殺害事件に奔走するミブロ。

鶴屋を訪れたにおとはじめは、世都に胡散臭さを感じます。

すると帰りの道中で謎の浪人に襲われる2人。

これは…ビンゴかも?

 

青のミブロの15話ネタバレあらすじ

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

どのサイトで読む?

ebookjapanを初めて使うと…
→半額クーポンが利用可能。

U-NEXTで初めて登録すると…
→無料登録でもらえる600pが利用可能!

どっちも利用したことのある方は…
お好きなサイトでどうぞ!

ネタバレしてから読む漫画って面白くないよ~。

未読な方はぜひ直接読んで!

 

 

ここからは

ネタバレするよ!

 

 

 

 

命の奪い合い

 

暗殺者に突っ込むはじめ

得意の居合ではありません。

最初の一振りには暗殺者の手も痺れます。

そこからは瞬時の攻防です。

 

これはガチの真剣勝負。

間違えば首が飛んでもおかしくありません。

ビビったのか、付け入るスキがないのか、におは動けません。

 

居合の構えを取るはじめ。

その時です。

 

ちょっと待った!

におが強引に割り込みました。

 

 

麻薬

 

あくまでも話し合いを求めるにお。

邪魔だ

はじめに言われても、引き下がる気はなさそうです。

そしてにおは暗殺者に自分の場所をアピール

自身が斬られた瞬間に、はじめが暗殺者に斬りかかる算段のようです。

 

 

ため息をつく暗殺者。

強さを持つはじめ。

勇気と知恵を備えるにお。

 

2人は騙されている

暗殺者は今の取り巻く情勢について語り始めました。

 

今の日本が異国を排除する理由を質問されるにお。

悪いことをするからと想像をしますが、具体的な何かまでは浮かびません。

 

阿片(あへん)という名の麻薬

一度体に取り込むと、心と体を腐食させる死の薬です。

 

異国は阿片で国を腐らせて乗っ取ることが手段のようです。

事実、中国(清)はエゲレス(イギリス)に敗れました。

有名なアヘン戦争ですね。

自分の知らない話を聞いて、におは内心衝撃を受けるのでした。

 

 

覚悟完了

 

そんな中、開国を決めた幕府。

幕府の浅はかさを嘆く暗殺者は長州藩の出身であり、国を憂う倒幕の志士です。

 

暗殺者の正義を確認するにお。

遂に木刀を構えます。

 

 

ただし、命は取れません。

4人の暗殺者の居所を聞き出さなければ!

相手を殺すのでなく、戦闘不能に追い込む難しいやり取り。

 

自分の信じる正義を賭けて、におは闘いに身を投じるのでした。

 

 

感想

 

剣の才は乏しくも勇気と知恵で立ち向かうにお。

殺る気満々なはじめと比較すると、その冷静ぶりが際立ちます。

 

まずは2人の間に立つ、におのポジション。

数的優位を活かした見事な作戦です!

…でもすごく、真ん中に立つ人間の度胸が試されるやり方ですが…。

さらには戦闘参加を表明しつつ、ミブロの目的を忘れていない所がまた素晴らしい!

確かにあと4人の暗殺者も探さなきゃですからね。

生かして殺さず。

本来は実力差がある場合に成り立つものです。

ラストシーンは剣道でいうところの上段の構えでした。

攻めの型なので攻撃力は期待できますが、防御はがら空き。

におの覚悟を表現したならば格好いいのでOK!…だけどにおは初心者レベルでは…?

どうなることやら。

\  直接読むならこちらから! /

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)