ネタバレあらすじ

おひとり様物語69話のネタバレあらすじと感想~あの頃の初々しい気持ち

おひとり様物語69話のネタバレとあらすじと感想ですす。

様々な「おひとり様」が描かれるオムニバスストーリー。

今回の主人公は、中学校の先生です。

恋人と一緒に過ごす時間が長くなるにつれ、忘れられていく大事な気持ち。

ふと思い出させてくれる初々しいバレンタインのお話です。

おひとり様物語69話のネタバレあらすじ

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

ここからは

ネタバレするよ!

付き合って7年同棲5年

今日も靴下を丸めて洗濯機に入れる彼。

いつもちゃんと入れてって言ってるのに~。

怒っても彼は笑うだけ。

怒り倍増です(笑)

 

仲は良いもののときめきはない

そんな生活が続いています。

 

彼との出会いは高1から。

以降、大学までずっと一緒。

一緒にいない理由が見つからないくらい気の合う2人は、自然に付き合うようになりました。

 

チョコレートの落とし物

季節はバレンタインです。

 

恋人のイベントなんて形骸化されてる2人。

あまりにトキメキとは縁遠い関係に『これからどうしよう…』なんて考えがよぎる中。

 

学校でチョコレートの落とし物が!
(※主人公の職場)

丁寧で綺麗な包装のチョコレート。

サッカー部の石井君あて。差出人の名前はありません。

 

落とし主は?

落とし主が困っているだろう…

どうしようか考えます。

 

ホームルームでみんなの前で聞くわけにもいかないし…

自分が渡すか、

落ちたところへ戻しとくか。

考えているうちに…

なんだか自分がワクワク!(笑)

 

ーーーーーーーー

家に帰り洗濯機をのぞくと、また靴下が丸まって入っています。

おこです

恋心は長く一緒にいると忘れてしまうのか…なんて考えてしまいます。

.

 

恋のセンサー

次の日

チョコレートの差出人を探す良いアイディアが浮かびました。

 

まずは…

石井君に黒板で問題を解いてもらいます。

熱い目線を送る女の子が差出人のはず

生徒たちの顔を凝視します。

 

すると…

主人公がピンときた女の子が!

その子は優しい目で石井君を見つめてて、彼が問題に正解すると嬉しそうに笑うのでした。

 

差出人を確信した主人公。

授業の最後に小さい落とし物があった、とだけ全員に伝えます

 

そして、

職員室にやってきた1人の女子生徒。

甘酸っぱい恋のセンサーはビンゴです。

 

泣きながらその場に座り込んでしまう女子生徒。一生懸命選んだチョコレートが渡せないかも!と悩んでたみたいです。

 

あの頃の気持ち

チョコを手にして安堵する女子生徒。

【彼が大好き】

顔を赤くして喜ぶ姿にそんな気持ちが伝わってきます。

 

対して、

自分はそんな気持ち忘れてしまって、

今はときめきもありません。

 

 

そういえば…

初々しい女子生徒に感化されたのか、ふと付き合った当時の彼との思い出が浮かんできます。

バレンタインにはお互いにチョコレートを交換して、2人ドキドキしながら抱きしめ合って…。

 

あのときの自分は、今日の女の子と同じ顔をしていたと気づくのでした。

 

これからも

帰り道

自然と足はデパートのチョコレート売り場に。

 

そこには彼の姿が!

彼もチョコを探しています

それも一所懸命に。

今では落ち着いた2人ですが、確かに私は彼を好きになって、彼も私を好きになってくれた。そんな奇跡のような大切な気持ちを思い出せた主人公。

 

あの頃みたいにチョコレートを渡し合い、大好きな気持ちをお互い再確認するのでした。

 

 

 

感想

甘酸っぱい~!

中学校の時のバレンタインって楽しかった!

 

女子生徒も『チョコ、落としたかも!』と気づいたときは慌てたでしょうね。チョコレートが見つかったときの女の子の表情がとっても可愛かったです。

 

主人公の彼も素敵でした。

逆チョコで告白なんて素敵じゃないですか。

ずっと熱愛は現実的でないかも。

だけどこうやって定期的に気持ちの再確認ができると幸せですね!

今回も読後あったかい気持ちにさせてもらえました。

-ネタバレあらすじ
-, , ,

© 2021 ドロップ Powered by AFFINGER5