青の花器の森36話のネタバレあらすじと感想~龍生のやさしさ

青の花器の森36話のネタバレあらすじと感想です。

遠距離恋愛にトラウマしかない青子。

その気持ちを理解した龍生はフィンランド行きを諦めると決めます。

そんなの望んでない!

反論する青子ですが…。

気遣い合う2人に切なくなる展開です。

青の花器の森36話のネタバレありのあらすじ

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

ここからは

ネタバレするよ!

龍生と青子のケンカ

2人のケンカがヒートアップしてきたとき、社長が部屋に入ってきました。

何かを察した社長。

窯の温度を確認しに来ただけだから

と、2人に話を続けるよう促しますが…

 

ケンカはしてないし、話も終わった

龍生は先に帰ってしまいます。

 

 

このまま帰ったら確実にケンカする…。

青子は真っすぐ家に帰らずに、普段行けないとんこつラーメン屋に向かいます。

龍生はとんこつ系が苦手なんだそう

にんにくチップを山盛りにしてヤケ食いです。

 

ーーーーーーー

帰宅後、青子を待ってたのはケンカでなく冷静な話し合いでした。

 

話し合い

 

フィンランド行きの断念を望んでるわけじゃない。

青子は胸の内を話すと、龍生もカッとなって言ってしまったことだと白状するのでした。

 

その理由は、悔しかったから。

青子のトラウマは龍生にとって元カレの存在そのものに思えたようです。

自分の言葉が伝わらないほど、元カレの存在が大きいだと思うと悔しかった。

 

それから、

つい言ってしまったとはいえ、この状態で離れ離れになるのは良くないと彼の中で結論が出たようです。

 

一番大切なのは青子だから

ハッキリ言い切る龍生。男前すぎるセリフです。

 

悩ませてしまったことを詫びながら、仲直りのキスをしようとする龍生。

…ですが、『さっきニンニク山盛りラーメン食べたばっかりーっっ!』

 

拒否する青子を制し、龍生は力ずくで迫って…。

ラブラブー!

顔を真っ赤にしながら仲直りする2人。

 

龍生は日本から展示会に参加できる方法を探るようです。青子は少しホッとします。

自分のせいで何もかもできなくなってしまうのはさすがに辛い。

 

心配するなという龍生のやさしさに、青子は苦しさを覚えていました。

 

別の解決策を探る龍生

窯から作品を取り出すと、龍生の新作は予想以上に上出来。

マグカップもイメージ通りの仕上がりでした。

幸いどちらの作品も成功したようです。

 

出来上がったマグカップを功に披露する2人。

 

これは売れる!

言い切る功。

完成品を手にし俄然やる気が出た様子です。

 

さっそく量産に入るスケジュールが組まれます。…が、そのタイミングはちょうどフィンランドでの展示会の期間。

そこで龍生がフィンランド行きは諸事情で中止になったと話すので、社長とフィンランド行きの件すら初耳の功は驚きます。

 

2人の反応はよそに、量産の作業にも携われる。と楽しそうに量産の話を進める龍生。

青子は彼の横顔を見ながら、ある気持ちが芽生えます。これで本当にいいのかな…。

 

青子の気持ち

打合せが終わったあと。

龍生は社長に詳しい話を聞かれます。

もちろん、中止になったフィンランド行きについて。

 

自分が行かなくても展示に参加できるよう手配してると報告します。

ただし、それはうまくいってないようで…。

 

主催者側の意向は

トークイベントや設営に必ず参加してほしい。

…もっとはっきりいうなら

現地へ来られないなら今回の展示は諦めてほしいとのことで…交渉は難航。というより絶望的です。

ただ龍生は、交渉が決裂しても運命と思って諦めるそうです。

 

それを壁の向こうで偶然聞いてしまった青子。目の前が真っ暗です。

 

ーーーーーーーーーーーー

後日、青子は話を全て聞いてしまったと龍生に伝えました。

とにかく大丈夫だから

青子を気遣いながら、料理する龍生。

 

美味しそうなロールキャベツ。

久々の龍生の手料理が完成しました。

普段は食いしん坊な青子ですが、その味も分からなくなってしまうほど心がモヤモヤ…。

 

 

翌日は週末。

…だけど、龍生は早くに出かけて不在です。

青子が部屋で掃除をしてると、龍生の新作に目が留まりました。

 

作品を手に取りながら

『やっぱり龍生の作る形が好きだ』

そう再認識。

青子の目から涙があふれ出します。

 

本当はフィンランドに行きたいはずの龍生の足を、自分が引っ張ってしまっている。

このままでいい訳がない

 

そうハッキリ自覚し、どうしようもなく悲しくなる青子なのでした。

 

 

感想

青子のためを思ってフィンンランド行きを諦めたのに、それがまた青子を苦しめるという残酷な展開…切ないです!

二度とめぐって来ないかもしれないチャンスなのに、それより青子の方が大事!という決断を下せる龍生はすごいなと思うけど。

ほんとにこのままフィンランド行きを諦めてしまったら、お互いに後々後悔が残るのでは?!

何とか良い解決策はないものでしょうか…。

あとは青子の勇気次第?