この結婚にはウラがあるのあらすじと微ネタバレの感想~日常ほのぼのを堪能できるイケメン社長との子連れ契約結婚

新米保育士として働くヒロインが、超裕福なイケメン社長からプロポーズされるところから始まる「この結婚には裏がある」

幼稚園児2人との同居による日常のほのぼのした幸せと、大雅による甘い攻撃に翻弄される日々が始まるのでした。なんてハッピーデイズ

この結婚には裏があるのあらすじ

新米保育士のヒロイン・一架は、園児の父兄である大雅に突如プロポーズされます。

園児のお父さんは著名な経営者でしかもイケメン様。一架の同僚保育士たちが「玉の輿婚」と目がギンギンになる騒ぎとなります。現実には「父兄とだなんて!」って怒られそうだけど…。

でもヒロインはこの展開についていけません。だってお付き合いもしてなければ特に接点もないんですから。

なのにプロポーズ!というのには、タイトル通りやっぱり裏があるのでして…

画像引用元:「この結婚には裏がある」空あすか/ショコラブ

俗にいう契約結婚というやつですね。

なんでも大雅の親族が体裁をすごく気にしてウルサいんだとか。お金持ち経営者あるあるな展開です。

その裏を聞いて一架は内心がっかり。こちらもあるあるな展開です。

 

がっかりする反面、この契約結婚はお仕事と考えるとかなりの好条件で住み込みでの契約(仕事)として給料も出るというもの。やぶさかでないメンズのお家に(しかも良い家)に住めて、彼の2人の幼児もかわいいし、一架にとって美味しい条件なのです。

 

そんなわけでこの契約結婚を受け入れるヒロインでした~

プロポーズ翌日から同居を始めた一架は、契約結婚とは思えない甘いアプローチに押されまくりとなります。

指輪のプレゼントから始まり、一架の親への挨拶に行ったり…(これが全くの嘘にならないのがTL漫画の良いところだ!)さらにはニセモノの夫婦とばれないように、と触れ合うことに一架を慣れさせるため、手をつないだり、一緒に寝たり、頬にチュウしたり…

画像引用元:「この結婚には裏がある」空あすか/ショコラブ

一架は男性に全く免疫がないから気づかないけど、かなり甘々です~。

 

それだけでなく、大雅の2人の子供たちがかわいくてかわいくて‼子供大好きで保育士もしている一架としては最高の環境のようです。

 

契約結婚ということでなかなか手は出さない大雅さん。小さな子供もいるのでわからんでもないけれど2人が本格的に結ばれるのはなんと8話から!のばすね~!

お風呂上りに壁ドンしたり(子供ちゃんも一緒に「どーん」)

日々甘いスキンシップがあっての8話(半年)。長いけど甘いちゃな生活も悪くないのです。

まとめ

なかなか深くは結ばれないっていう少女漫画寄りのTL漫画ですが、子供がいる暖かな雰囲気が楽しい、こうち楓先生の「LOVE SO LIFE」に共通したほのぼのが堪能できて、TL漫画らしいジリジリ熱い結びつきも楽しめる欲張りな作品です。