38℃のキスのちょっとネタバレなあらすじと感想~幼馴染の年下ワンコくん熱っぽく求められ

可愛がってた年下君がめちゃくちゃカッコよくなって(ここ大事!)現れて、ずぶっずぶに溺愛される。なんて都合のいい妄想を疑似体験できる素敵なTL漫画です。

うだるような暑さの中、情熱とエロスを絡め合う…いろんな意味でお熱いストーリーとなっております。

38℃のキスの1話ネタバレなあらすじ

\ あらすじ /

最高気温38℃という地獄のような暑さの中、不幸にもエアコンが壊れてしまったヒロイン・弥生。急いで修理業者を呼び出します。

現れたのは爽やかなお顔立ちの修理スタッフさん。なんか嬉しい。

これで暑さから解放されるー!と歓喜する弥生でしたが、業者さんから名前を確認され、さらに昔住んでいた町まで聞かれ…『???』いぶかしんでいると、急に彼の表情がパッと明るくなります。

「弥生お姉ちゃん!?」

 

業者さんとして来た彼は、弥生の近所に住んでいた7歳年下の幼馴染・玲でした。すごいかわいくて母性本能くすぐられそうな年下男子です。

思わぬ再会を果たした2人ですが、なんせうだるような暑さです。まずはエアコン修理が先!ってことで、玲は仕事にとりかかります。そんな玲の姿を見て、弥生は無性にドキドキ…。

 

小さい頃とは違う、大人になったたくましい姿や、暑さと作業によって全身をつたっていく汗に、ただならぬ色気を感じてしまい…、実は玲の方でもドキドキしている様子です。だって弥生さん暑いし自宅だしでかなりな薄着なんですもの。

 

そんなお互いが密かにドキドキしてる中、アクシデントは起こります。暑さで朦朧とするあまり、うっかりコケて玲を押し倒してしまったのです!漫画かよっ

図らずも身体を重ね合わせ、超至近距離になった2人はしばらく見合います。

「限界…」とつぶやいた怜から唇を寄せました。戸惑いながらも応える弥生。

 

暑さと深いキス。思考はどんどん奪われます。

次第にキスだけで終わらなくなって…。

 

弥生の扇情的な表情も手伝って玲は手を止める理由がありません。

もっと触っていい?と聞きながら触る手はわかりやすい愛撫になり…汗だくになりながら離れられない2人。

 

 

偶然再会した幼馴染とのアクシデント。ですが、玲の方はどうやら弥生にただならぬ想いを持っている様子でないですか?

何度も弥生の名前を呼びながら求める玲。

息が上がる弥生。ここまでくるともう止まれない。てか止めれる?

\ 続きはここから! /

さいごに

「38℃のキス」というタイトル通り、灼熱の密室でのキスからの…。

まだまだ彼らの関係は始まったばかりです。ごくり。